税金関連の法律は税理士に相談しよう

CONTENTS
税金関連の法律は税理士に相談しよう

税金関連で法律に違反していないかどうかは税理士に相談します

税理士は税金に関するさまざまな知識を持っています。納税手続きや書類の作成などを行ったり、依頼に応じて税金に関するアドバイスをしたりします。税理士は国家資格です。勝手に名乗ったり、無資格で税理士の業務を行うと罰せられます。税務署には相談窓口があり、青色申告やその他納税に関する質問に税理士が答えてくれます。会社員の場合には、給料からさまざまな税金が天引きされていることが多いため、相談する機会は少ないかもしれませんが、所属している会社での経理などに税理士が関わっていることが多くあります。

会社の依頼を受けて業務を行っている税理士は、納税に関する経理の業務や、普段の業務内容の質問などを受けています。企業では手違いで追徴金などが発生しては大きな損失になることも考えられます。そのため税金の専門家である税理士にさまざまな依頼、相談をするのが一般的です。税金に関する法律は、たびたび改正されることがあるので、その点を考えても企業にとって税理士は大事なのです。テレビドラマなどでは脱税指南などをする悪役であることも多いようですが、実際には多くの税理士が法律にのっとって、節税対策など適正なアドバイスをしています。脱税は違法ですが、節税は法律の範囲内で行うものです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017税金関連の法律は税理士に相談しよう.All rights reserved.